2014年03月27日

銀行の見方

白ヤギ不動産のメインバンクとサブメインバンクは、白ヤギ不動産の捉え方が違います。


メインバンクは、白ヤギ不動産を地主系大家のカテゴリーに入れてるようです。

別に地主ではないのですが、サラリーマン兼業大家を分類するカテゴリーが銀行側にないそうです。

かといって、不動産賃貸専業の事業主としては捉えてくれません。

ということで、融資を行う際には、サラリーマンの収入と家賃収入を合算し、個人資産と法人資産全体をみて、いわゆる総体として融資の審査をおこなっているようです。

従って、いくら良い物件を持ち込んでも、総体としてリスクありと判断されると融資はおりません。



一方、サブメインの信金は、白ヤギ不動産の法人を不動産賃貸業専業として捉えています。

生活は給料で賄えていることは当然ですが、法人がしっかり利益を出していることが重要視されます。

担保としての資産性も大事ですが、むしろ事業として収益性を重視しているように思われます。



さて、確定申告書が出来上がりましたので、二つの金融機関に届けてきたいと思います。





posted by 白ヤギ at 07:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする