2014年11月15日

お布施

満室経営新聞購読中です。

今回の特集はコスト削減

電子ブレーカーで電気料金が下がったとのこと

以前、検討したときは、エレベータ付物件はあるものの、契約容量そのものが小さくて導入のメリット無しとの結論でした。

で、今回もう一度契約内容を見直したところ、衝撃の事実が!

実は7月に給水ポンプのある物件を購入しました。

動力の契約容量が2kW, 力率80%

戸数が多いにも関わらず、既存の物件(ブルー)の半分以下の容量で契約されています。

(ブルー、5kW, 力率90%)

月にすると3000円ぐらい安いです。

ピンときました!!

ブルーは前のオーナーさんが1階事務所部分の水道を直結工事していて、二基あったポンプのうち一基を撤去していたのでした。

でも、前の容量のままで契約を続けていたわけです。

ポンプ室に向かって消費電力をチェックしたら、約1kW。

そのとおりでした。

早速、東京電力さんに来てもらうことにしました。

あ〜 丸5年も東電さんにお布施。

悲しいですもうやだ〜(悲しい顔)

みなさんもこの機会にチェックしてはいかがでしょうか?



posted by 白ヤギ at 13:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする