2014年12月06日

大金持ちの教科書


お得な本だと思います。


「不動産投資が良い」とか書いてある本ではありません。

お金持ちになる人の考え方、ものの見方、行動など。

不動産を継続的にやっている人にとっては当たり前かもしれません。

今後の日本の行方も、的確に見通しています。


日本はどちらかというと搾取型

ここはツボにはまりました。

不動産ビジネス全体がそういう傾向ですね。

著者は、日本という国のシステムもそうなっているということを主張しています。

これは結局儲からない。

身近な人からお金を奪うのは簡単だが、しょせんパイが小さく、大きく儲けることはないということです。


その他のキーワードとしては

ロシア型金持ちアメリカ型金持ち

運という能力

負債が持つ役割

などでしょうか。

大金持ちの教科書




前作

お金持ちの教科書




もこれから読んでみたいと思います。



posted by 白ヤギ at 21:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする